何が違う?夜勤がある工場とない工場

支払われる給料の総額が違う

工場は普通のオフィスのように日中だけ稼働して夜中は閉鎖するところも多いですが、一方で日中も夜間も稼働する24時間体制のところも少なくありません。では、夜勤がない工場と夜勤がある工場とではどういった点が違うのでしょうか。
まず給料は当然変わってきます。日勤時の時給と比べると夜勤時の時給は割高になるからです。したがって、同じ勤務時間でより多くのお金を稼ぎたいというのであれば夜勤が存在する工場で働いた方がいいでしょう。
また、夜勤が存在する工場は日勤のみの工場と比べると働くのが大変で求人募集をしても人が集まりにくいので、支度金などの報酬を得られる可能性があります。そういった点でもできるだけ収入を得たいなら夜勤がある工場で働く方がメリットが多いです。

夜勤がある工場にはシフトが存在する

休憩時間も夜勤の有無で変わってくることがあります。一般的に日勤時の昼の休憩時間は一時間ですが、夜勤時における休憩時間はそれよれも長く取られる傾向にあります。なぜかというと、仮眠時間に充てられるからです。したがって、夜勤がある工場で働いた方がより長く休憩できるということになりますが、勤務時間は変わらないかもしれません。なぜかというと、夜勤だと休憩時間が長い分、残業時間が多く取られることが多いからです。
また、夜勤がある工場と存在しない工場の違いには、シフトの有無があります。日勤のみであればどの従業員も基本的には同じ時間に出勤して退社しますが、夜勤がある工場だと二シフト制と呼ばれるシステムで勤務時間が決められていることが多いです。たとえば、月始めの二週間は日勤、残りの二週間は夜勤といった感じになっています。