パンやお菓子や練り物などの食品工場での仕事の特徴は?

アルバイトは単純作業がメインになりやすい。

食品工場は、一日に何万食分のお弁当を作ったり製品を製造します。そして、作業については細かく分担や役割が分けられており、そこで働くアルバイトは単純作業がメインになりやすいのが特徴です。例えば、食品工場でもポピュラーなお弁当の製造工場の場合、ご飯を計量してお弁当ケースの中に詰める係、そのご飯の真ん中に梅干しを乗せる係、おかずを指定の位置へ詰め込む係などがあります。ご飯やおかずを乗せるだけの仕事ならば、よほどのことがない限り誰でも出来ますし、面倒なことも何一つ無いです。ですので、物覚えが悪い自覚がある方や、難しい仕事を任せられたくない方は、まずは食品工場の簡単なアルバイトから始めて見るのも良いでしょう。

準備や衛生面での厳しいチェックや指導

食品工場では食べ物を扱う為、仕事に入る前の準備や衛生面で厳しいチェックや指導が入ってくるケースが多いです。例えば、手の洗い方についてです。手洗いは食品工場で働く時には、物凄く頻繁に行うもので石鹸をつけて指先から指の間まで丁寧に洗う必要があります。また、爪が長い方は切ってくるように指導が入る事もあるので、ファッション感覚で自分の爪を伸ばしていたいという方は注意が必要です。その他に、ノロウイルス対策として、牡蠣等の食品を食べないようにしたり検便を行う所もあります。食品工場の仕事自体はとても簡単なものが多いですが、準備や衛生面では厳しい部分がありますので、働く時には管理者の指導をよく聞いて仕事をしましょう。